安眠のために

カラフルな野菜

いつもより早く布団に入ったのに眠れない、眠ろうと思えば思うほど眠れない、ということを、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。今回は、眠れないときに、どうしたら眠れるようになるのか、ということについて、紹介したいと思います。まずは、お腹が空いている場合には、何かを食べることです。睡眠欲よりも食欲の方が優っていると、気になって、イライラして眠れなくなってしまいます。就寝前の飲食は、あまり体に良いとは言えませんが、飴やスープなどであれば大丈夫です。次に、考えることをやめましょう。眠れなくなってくると、どうしても、いろいろなことを考え始めます。それでは、どんどん脳が働き始めてしまいますので、無心になって、目を閉じましょう。

どうしても眠れない時には、グッズに頼るというのもひとつの手です。ここでは、最新の安眠、快眠グッズを紹介します。まずは、定番ですが、安眠CDです。いろいろな種類のCDが発売されていますので、波の音やオルゴールなど、自分がすきなものを選ぶと良いでしょう。次に、抱き枕です。買うのが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、大人になっても抱き枕を使って眠る人は、意外と多いのです。すきなデザインや形のものを買ってみると良いのではないでしょうか。最後に、アイマスクです。睡眠を邪魔するものの一つに光があります。これを遮断することによって、だんだんと眠くなってきます。ちなみに、最近では、香り付きのアイマスクがありますが、香りは、ラベンダーやカモミールが眠りを誘い、安眠効果があるのでおすすめです。